Middle Plane – ISSUE NO.4 ON CHRISTO AND JEANNE-CLAUDE

m000246

Author:Christo and Jeanne-Claude

Paperback:276 pages
Size:31.5 X 24.0 x 1.7 cm
Language:English
Publisher:Middle Plane
Issue:2021

Condition:◎ – 良好

Middle Planeは、ロンドン発、ヴィジュアル・アートとファッションという二つの領域をまたぐ雑誌です。
毎号、国際的なアートの舞台における重要なアーティストを特集しています。
ゲスト・アーティストは、雑誌と緊密にコラボレートしつつも、先進的なアイディアとヴィジュアルを提示し、ファッションという視点から新しい写真のあり方を自由に提案します。
Middle Planeは、新しく刺激的なコラボレーションを通じて、アートやファッションにたずさわるアーティストやプロフェッショナルをサポートすることを大きな目的としています。
その結果、予想不可能、批評的、不穏、そして何より雑誌界にとって全く新しい作品を生み出すことを目指しています。

4号は、クリスト&ジャンヌ=クロード財団とMiddle Planeとのコラボレーションとして制作され、創造的なランドスケープについての彼らの遺産と影響を称えるものとなりました。
クリストとジャンヌ=クロードは、ブルガリア出身の夫クリストとフランス出身の妻シ?ャンヌ=クロート?による夫婦の芸術家。ルーヴル美術館やマイアミビーチの島、スイスのリーヘンにある並木、ドイツの国会議事堂「ライヒスタッグ」などを布で包んだ作品で知られ、ジャンヌ=クロードが2009年にこの世を去った後はクリストが2020年に逝去するまでひとりで制作活動を行っていた。
アーティストの没後の視覚的インタヴューとして理解することのできる本号は、さまざまなクリエイターたちによる彼らの仕事へのレスポンスというかたちで提示されています。
梱包、ドレープ、色の組み合わせ、そしてスケールにおける実験といった要素が、参加したアーティストたちによって探求されています。
本号には、クリスト&ジャンヌ=クロードによる「ウェディング・ドレス」(1969年)のポスターが付録として含まれています。

※画面でご覧の色と印刷物の色は異なることがあります。
ご了承ください。

Stock : ○
¥4,500