Book+ 出展紹介 [ 4 ]

新島龍彦

新島龍彦

造本家

■ 存在の音が聞こえる
詩人・TOMOKOWATANABEの詩集。
本文はPUR無線綴じ。
小口を黄色に染め、表紙は水色の顔料で箔押し。
■ FACE TO FACE
オハラカズヤの版画集。
木版画の本文を手製本にて仕立てている。
■ 水のような朝を泳ぐ
アパレルブランド・Canako Inoueの展示会のために制作したコンセプトブック。

→ 新島龍彦

 

佐藤あづさ

佐藤あづさ

絵、フランス額装、ブックアートなど、小さなものを描いたり作ったりしています。

■ Opus.5
小さくて四角いものを作りたくて、コンサーティーナの豆本を制作しました。
着彩した紙で厚紙をくるみ、ボタン型にしたものをひとつずつ台紙に嵌め込んでいます。
■ Opus.4
猫と人の絵を本にしてみようと制作したものです。
かたちの正確さ、おさまりのよさを追求してみました。

→ 佐藤あづさ

 

立花 満

立花 満

広島出身のイラストレーター、デザイナー。
子供のころは家の電話が廊下にあって、電話台のメモ用紙にラクガキしながら、だらだらと長電話していました。
あとから見ると、よくわからない図形や、絵のようで文字のようなモンスターなどなど。

■ ミルク鳥
意識して描こうとしても上手くいきません。
手癖と半集中で出力されるイタズラのような絵を、大人になってからも探しています。

→ 立花 満

 

高橋千恵子

高橋千恵子

本のデザインのお仕事と、ZINEや手製本、リトルプレスなどの、手作りの本の収集と制作を行っています。

■ ハリ仕事
自分の針で刺繍をしているハリネズミさんのお家をのぞき見できるトンネルブック。
自宅のハリネズミさんをモデルにしました。
お家型の表紙は、直立した状態で飾っていただくこともできます。

 

ソブ ミワコ

ソブ ミワコ

世界観を大切にしながら、作り手も読み手もワクワクする、を心がけながら作品を作っています。

■ 小さな庭の宝物
セルロイド石鹸箱シリーズpart2として今回も作らせていただきました。
花や植物がそこにあるだけで心がやわらぐ空間を小さな本へと。
古雑貨とともに楽しんでいただければと思います。

→ ソブ ミワコ

 

→ Book + 詳細