Book Lovers 出展紹介 [ 1 ]

・mame おまめ 柴田尚美

・mame おまめ 柴田尚美
大阪を拠点に手製本・豆本制作、イベント。
カルチャーセンター、図書館、美術館、カフェなどで豆本ワークショップ開講。
・ 大阪北堀江ギャラリーカフェ「おまめ」オープン
・ 「おまめの豆本づくり」白泉社より出版
・ NHK「おしゃれ工房」出演
・ トレードマーク京都「新緑の豆本展」
・ 京都北山 alphabet 「秋の豆本展」
・ 東京 ROBAROBA cafe、ひなぎく、おまめ合同豆本展「昼の豆本 夜の豆本」

■ To me
誕生から未来の自分へ宛てた手紙を書いたものを一冊に収めました。

→ ・mame おまめ 柴田尚美

清元由美子

東京都生まれ
長男が3歳のときに自閉症と診断されました。
こだわりが強く言葉を少ししか持たない息子に、いろいろなことを少しずつ教えてきました。
息子は今、就労支援施設で紙漉きの仕事をしています。

■ あっくん
製本ワークショップに参加したことをきっかけに、息子が小さい頃から書き溜めていた絵や文字を、一冊の絵本にまとめました。
すべて息子たちが作った和紙で制作しています。

堀江郁子

理系大学を卒業後、作家活動を始める
2019年9月
ギャラリーつぎのカーブ 初個展「HELLO」
2020年4月
ギャラリー3 個展「Potion」予定

■ note
ばらばらな出来事を描いているようで、脈絡が無いようで、見終わった後はなんとなく本を読んだ気分になれる絵を描きました。

→ 堀江郁子

noraneco books

東京生まれ。
カリフォルニア州立大学心理学科卒業。
2013年トムズボックス絵本ワークショップ受講。

■ ふたつのハコ
願ってもいないことが、訪れることもある。
いいことも、そうじゃないことも。
しずかに、ゆっくりと、受けとめたいことがある。
そんな人へ、届けたい絵本です。

→ noraneco books

孝本真子ブックワークス

製本、修理のほか、編集、ライティングなど幅広く本づくりに携わり、学校等で表現や製本の授業・講座等を行う。

■ AKIKO SEKIYA LIFE HISTORY
生前の7年間にわたる祖母との会話、親戚への取材、資料から、97年の激動の人生を97首の短歌とともに辿る。
本文97頁の総和紙づくり、小川が好きだったことにちなんだせせらぎ模様で綴じ、タイトルは祖母の佇まいをイメージしたオリジナルフォントを使用。

→ 孝本真子ブックワークス

→ Book Lovers 詳細