Book Lovers 出展紹介 [ 5 ]

yukirico

yukirico
海が近く、山や畑にも囲まれた穏やかな地で、日々の妄想を切り絵にしています。

■ 夜を灯す1ページの物語
わたしがつくる切り絵には全て物語があり、それを絵本にしました。
植物に惹かれていて、野菜、草木、葉っぱが空想の元になることが多いです。
見ていると落ち着くような、眠たくなるような、シンプルな雰囲気の本があったらいいなぁと、そのような本に近づけるように制作しました。

→ yukirico

さとしゅん

さとしゅん
大学生として生活する一方、webで小説を中心に創作活動をしています。

■ 矜羯羅がる
高校生4人組が一斉に退部をする話。
その退部した4人の心情や若さの影に、また彼らのちっぽけだけど真剣な青春の悩みに焦点を当ててみてください。
フェルト生地を編み込んだ白い上質紙に2つの紐を絡ませて潜っただけのシンプルなデザインで、「矜羯羅がる」というイメージに仕上げました。

にへいますみ

にへいますみ
水彩や色鉛筆を中心に、絵本やイラストを制作しています。
絵本のおかしみ、絵の具のにじみなど、情感あるものが好きです。

■ どんなこのたね
人の個性には”生まれつき”も深く関わるとか。
誰でも本人のせいではない、思いがけないことが隣りあわせ。
この絵本は、友人の子どもが大変な病になり、祈る気持ちで描きました。
今は、その子は回復してすっかり元気に。本当に良かったです。

山口 らむね(ramuneid.)

山口 らむね(ramuneid.)
“ramuneid.”とは、作者の名前でもある“らむね”のアイデンティティ(identity)という意味の造語。
原型から全て手作業の樹脂パーツを使った立体造形が特徴。

■ アートブック
2017年から毎年「アートブック」として作品集を制作。
ビスケットや飴などの小さなお菓子をメインモチーフにし、作者自らが日々感じた体験からインスパイアしたメッセージ性あるパネル作品を制作している。

→ 山口 らむね(ramuneid.)

杉谷ふさえ

杉谷ふさえ
イラストレーター

■ Nituite Vol.1 「スザニについて」
NITUITEは日本ではまだまだ知られていない世界の身近な工芸をイラストで紹介する本です。
ウズベキスタンや中央アジアの刺繍スザニをテーマにしています。
スザニの模様ってどんなもの?
スザニの他のウズベキスタンの手工芸にはどんなものがあるの?
読んだらすべてわかります。

→ 杉谷ふさえ

→ Book Lovers 詳細